◯学習のゴール

SEOライティングの基礎として気をつけるべきポイントを理解していること。

◯目次

・1.はじめに ・2.SEOライティングのポイント ・まとめ

◯1.はじめに

今までの講座では、SEOライティングにおいていかにユーザーとGoogleに寄り添える文章を書く必要があるのかは分かったと思います。 そして、webサイトに訪問して欲しい人(ペルソナ)に合うキーワード選びが重要であることも、前回の講座で扱いました。 今回の講座では、それらを踏まえて実際に文章を書く上で押さえておくべき基礎を学んで行きましょう。 ただし、今までの講座で扱ってきた通り、一番大切なのは「ユーザーファースト」な文章を書くことです。それを念頭に置いた上で、以下で伝えるポイントを押さえていきましょう。

◯2.SEOライティングのポイント

ポイント①:検索キーワードとwebサイトの関連性を高める

これは前回の講座でも少し扱いましたが、キーワードを決めた上で、実際にどのように関連性を高めていくかが大事です。 まずは、そのページのテーマである選んだキーワードを含めて、タイトルを作成します。 タイトルは、検索結果に全て表示されるよう、30字前後でおさめることをお勧めします。また、無理な形で入れるとスパムとみなされてしまい、場合によってはGoogleからペナルティを課せられる場合もあるので、自然な形で、ユーザーにとっての分かりやすさを意識しましょう。 また、見出しタイトルにサジェストキーワードを入れることもおすすめです。 サジェストキーワードとは、予測表示される関連性の高いキーワードのことです。 このキーワードは、自分で入力してある程度把握することもできますし、無料のツールを用いて調べることもできます。

また、実際の文章も決めたキーワードやテーマに沿っていくことが大事になりますが、その中でも、表現の揺れに対応するというのをおさえましょう。 表現の揺れというのは、同じ意味を指す言葉なのに、ユーザーによってどれを使うか変わってしまうために起こります。 例えば「SEOライティング」であれば、「webライティング」が該当します。 どの範囲までの表現の揺れに対応することを目指すかは少し考える必要がありますが、適切に言い換えることで検索の際に引っかかる可能性が高まります。

ポイント②:独自性を高める

これは、他のwebサイトと違いを作るために非常に重要になります。 ただし、この独自性を高めるあまりユーサーの検索意図から外れると意味がないので、気をつけながらやる必要があります。 実際にどのように独自性を高めていけばいいかというと、 ・体験談/経験談を盛り込む ・取材等で得られた1次情報に基づいて執筆する ・オリジナルの写真/動画を載せる などがあります。 自分の記事でしか手に入らない情報があると、上位表示されやすくなるので、少し難しいかもしれませんが挑戦する価値があると思います。

ポイント③:専門性を高める

これは扱うトピックに対して知識がなければ難しいですが、専門的なサイトとして評価されると、上位表示がされやすくなります。また、自分が検索するときも、詳しいサイトの方が得られるものも多いので利用しますよね。なので、これは紛れもなくユーザーファーストでもあります。 実際に専門性を高めるためには、 ・専門家に取材をする ・1つのジャンルに特化する ・扱うコンテンツや関連コンテンツを増やす などがあります。 これらもすぐ簡単にできるわけではありませんが、ユーザーにとって有益な情報を提供するためには必要不可欠です。

◯まとめ

SEOライティングについては以上になります。SEOライティングは、うまくいくと効果は大きいですが、即効性を期待するのは難しいです。もちろんポイント①のように気をつけるとすぐに改善されるかもしれない点はありますが、同時に少し長い目で見てSEOライティングのスキルを向上させるといいでしょう。

1SEOライティングで抑えておくべき基礎

本セクションではSEOライティングで抑えておくべき基礎について学びました。テストを通して振り返ってみましょう。

...