◯学習のゴール

Googleのアルゴリズムの歴史を知り、変わり続ける仕組みへの理解ができるようになる。

◯目次

・1.はじめに ・2.なぜアルゴリズムの歴史があるのか ・3.アルゴリズムの歴史 ・4.今後の展望について ・まとめ

◯1.はじめに

前回の講座ではSEOライティングとはどういうものなのかを学びました。 そして、SEOライティングは「ユーザーと検索エンジンどちらにもわかりやすく、正しく判断されること」が重要だということでしたね。 今回の講座では、検索エンジンの方に焦点を当てて話を進めていきたいと思います。 そのためには、Googleのアルゴリズムの歴史を知る必要があります。 どうしてGoogleなのかというと、日本の検索エンジンの利用割合はGoogleとYahoo!を合わせて9割を超えています。そしてYahoo!はGoogleの検索エンジン技術を利用しているため、SEO対策で検索エンジンの話をすると、それはGoogleの対策をするという意味になります。(あくまで検索技術を利用しているだけで、検索結果が全く同じになるわけではありません) そしてここでいうアルゴリズムというのは、簡単に言えば「検索キーワードに対してサイトの重要性や関連性を評価し、検索結果の表示順を決めるプログラム」のことです。 辞書などで調べると「算法」などといった言葉が出てきますが、コンピューター用語では上記のような意味になります。

それでは、アルゴリズムを知ることが大事な理由を、歴史を見ながら学んでいきましょう。

◯2.なぜ歴史があるのか

このGoogleのアルゴリズムというのは、常に同じではなく、変わっていきます。 最初の頃はこのアルゴリズムの特徴を知ることででユーザーにとってベストじゃなくても上位に表示されるようにGoogleの裏をかこうという傾向の強いものがありました。 そしてそういったものが続くと、ユーザーは求めているものと出会えず、Googleを使わないようになってしまいます。これは非常に大きな問題ですよね。なのでGoogleはアルゴリズムをアップデートし続けています。

◯3.アルゴリズムの歴史

1990年代に一般家庭にインターネットが普及し始めました。 この時期の検索エンジンは、人力でカテゴリー別に登録や分類をし、それに基づいて検索の対象にするシステムで動いていました。これを、ディレクトリ型検索エンジンと呼びます。人力でやるというのは今からは想像もつかないですが、当時はそこまで情報が多くなかったんですね。 そしてもう一つ、クローラーと呼ばれるソフトウェアが情報を収集し、検索エンジンに登録をして、アルゴリズムで検索内容を表示するロボット型検索エンジンと呼ばれるものもあります。 当時は同じキーワードを詰め込むだけで上位検索されたりする状態だったので、非常に悪質なサイトも表示される状態でした。

2000年に、Googleが独自の検索エンジンのサービスやSEOのガイドラインの提供を始めました。 そして徐々に検索エンジンの乱立がおさまってくると同時に、検索エンジンはロボット型に移行し始めました。

2004年には、Googleが検索エンジンのシェアでトップになり、これ以降に多くのwebサイトが生まれたため、人力のディレクトリ型では追いつかなくなりました。

2010年以降は、Googleが検索エンジンで一強になりました。そしてここから、SEOに大きな影響を与えたアルゴリズムのアップデートをいくつか見ていきましょう。

・パンダ・アップデート

これによって内容の薄いページを一掃しました。例えば、コンテンツ量に対して広告が多いサイトなどです。 日本では、このアップデートに伴い2012年に検索結果に大きな変化が見られました。

・ペンギン・アップデート

キーワード詰め込みをしているサイトに対処するためのアップデートです。 これによって、よりユーザーに対してきちんと価値提供をしようとしているサイトが上位に来るようになりました。

・モバイルフレンドリー・アップデート

スマートフォンの普及に伴い、モバイル表示がしっかりされるwebサイトを優先して検索上位に表示するアップデートです。

◯4.今後の展望について

今後も音声入力に対応するSEOなど、まだまだ変更はされていきます。 細かい変更などは、ほとんど毎日されているとも言われています。 しかし、その変更というのは、「ユーザーが求めているものを上位に表示するため」というシンプルな目的の元でしか行われません。ですので、ユーザーの期待に沿うサイトを作り、その上でGoogleにとってもわかりやすいサイトにするという原則を忘れなければ、変更の度に頭を悩ませることはないでしょう。 また、Googleはその原則を理念という形で、公式に出しています。 ですので、最後にその理念を押さえましょう。

◯まとめ

Googleのアルゴリズムの歴史の説明は以上で終わりになります。 このようにアルゴリズムは変わり続け、これからも音声入力などでまた変わってくるので、その変更に注意を傾けながらも、変更に左右されすぎないようGoogleの理念に近い、ユーザーファーストを徹底したSEO対策を実施しましょう。

1Googleのアルゴリズムの歴史を紐解く

本セクションではGoogleのアルゴリズムの歴史を紐解くについて学びました。テストを通して振り返っていきましょう。

...